So-net無料ブログ作成

時代を感じる電池かな(笑)【Apple・PowerBookG3 永久(とこしえ)編】 [Apple]

はぁ、自分が蒔いた種とはいえCDリッピングに思いの外、時間を取られてしまい日曜日が丸ごと潰れてしまいました。
やはり、メインマシンの入れ替えを早くしないと駄目ですねぇ。
あっ、そうなんです、まだやってないんですよAirの始動!! バキッ!!☆/(x_x)
 
最近はどうしてもPCの入れ替えって面倒になって後廻しになってしまうのが私の悪い癖になりつつあります。
時間が過ぎるのは速くなる一方なのに、処理能力が年々落ちていると認めたくはないものの、厳然たる事実としてのし掛かってきてる気がするのは気のせいでしょうか(^_^;;

PowerBookG3_010.jpg
さて、この変な形状の代物、なんだと思います?
まぁ、タイトルでバレバレだとは思いますが、お付き合いのほどを(^_^;;;

 
えーと、この瓢箪とも眼鏡とも覚束ないシルエットの持ち主はPowerBook G3の名機、Pismoの内蔵電池なんです。


PowerBookG3_011.jpg
全体像はこちらの通りでして、当時のAppleのデスクトップ機がすべて単5電池程度の俵型電池なのに対してなんとも奇妙な形状をしてますよね。大体、デスクトップ機はよく交換したものですが、Book型はそもそも初めてです、外すのは。
なぜ、交換ではなく外すと表現したかと言いますと既にPowerBook G3は世に出て10年を超えようかというご老体なんです。電池を交換しようにも探すのが困難ですし、仮に売っていたとしても数千円以上の値がついているので、ちょっと躊躇してしまってるのが実状です。


PowerBookG3_006.jpg
それに今年も年賀状印刷の傭兵任務のため、Walkmanの彼女のところでバリバリ働いて貰ってるところなので、電池を入れ替えるにしても年明けになります。まぁ、その後のPismoの身の振り方は帰省した時にでもゆっくり考える事にします。
 
『えっ、内蔵電池がないと、起動しないからその彼女が困るんじゃないかって?』
 
(爆)(爆)逆です、この内蔵電池が切れた状態でPowerBookの中に居座ってると逆に起動しなくなるので外すのが正解なんです。
まぁ、起動の度に時間を合わせる手間が発生しますけど、動かないよりはマシなのでその状態で使うよう説明してあるので無問題です。
  
最後にAppleって10年前から既に内蔵電池の交換も簡単に出来るようになってたんだと改めて思わせてくれただけでこの電池切れ事件はためになったと思っています。
次はPowerBookG4がその番になるのかなぁ。



nice!(20)  コメント(1)  トラックバック(0) 

nice! 20

コメント 1

Virgo

>kuzeさん、nice!ありがとうございます。

>bitさん、nice!ありがとうございます。

>蔵三(ぞうさん)、nice!ありがとうございます。

>チャーリーさん、nice!ありがとうございます。

>crazeさん、nice!ありがとうございます。

>toramaruさん、nice!ありがとうございます。

>くまにぃさん、nice!ありがとうございます。

>ガッツさん、nice!ありがとうございます。

>ちょびさん、nice!ありがとうございます。

>sakusanさん、nice!ありがとうございます。

>hscさん、nice!ありがとうございます。

>SKYLINEさん、nice!ありがとうございます。

>Kさん、nice!ありがとうございます。

>TEL-NETさん、nice!ありがとうございます。

>Succhiさん、nice!ありがとうございます。

>たぁさん、nice!ありがとうございます。

>つなみさん、nice!ありがとうございます。

>かつぽんさん、nice!ありがとうございます。

>oyazzyさん、nice!ありがとうございます。

>kanchinさん、nice!ありがとうございます。
by Virgo (2010-12-12 16:46) 

Facebook コメント

トラックバック 0