So-net無料ブログ作成

今度のTは試作機レベルでも大丈夫だった!!【SONY・Cyber-shot DSC-TX55 試作機編】 [Sony]

この週末は結局、写真になんだか振り回された週末でした(^_^;;)
なんとか日曜日の夕飯前には、この8年ほどの全データの修復と整理が終わり、ようやく一息つく事が出来ました。そのお陰で週末に撮ったレビュー系のデータはほったらかしになってしまったので、そちらに取りかかれるのは仕事から帰って来て時間があったらって感じです。もうこうなると会社の昼休みにでもMBAを持ち込んで整理したくなります。前だと軽く出来たんですけどねぇ、今はちょっと難しいです(哀笑)
 
という訳で貯まりに貯まったレビューの中から、今宵は内容的にはちょっと軽めだけど私の中ではウェイト高めの新Cyber-shotのお話しです。

DSC_TX55_001.jpg ↑カーソルを合わせると(iPhone/iPadの場合はタップすると)レンズカバーOPENです。
8月6日(日曜日)のTBS系『THE 世界遺産』内で北川景子さん出演のTVCMも始まった“全画素超解像”ズームがウリの新Cyber-shotですが、実はまだ発売になっているのは沈胴式の【DSC-WX30】だけでTシリーズはもう一ヶ月ほど発売が後なんですよね。その関係でソニービルに展示されているモデルも試作機しかない状態ですが今、毎日使っている【DSC-TX100V】に対する不満がかなりある私としては気になって仕方ないのでこの土曜日の用事と用事の間を縫ってソニービルに伺ってきました。

ソニービルに伺って驚いたのが、アクリルケースの中に鍵を掛けられて鎮座している【DSC-TX55】しかなかったんですよね、(^_^;)\(・_・) オイオイ
ここまで来て触れないのかと落胆してたら、アテンドの方が「触れますよ」と言って出して下さいました。ただ、試作機なので動くモデルもありますが動作は量産機とは違いますのでとお断りをされてしまいましたが、【DSC-TX100V】の動作に不満を持っているので出来れば、試作段階でもニュアンスを感じたいと言う事を説明して電源を入れて貰いました。


DSC_TX55_003.jpg
まずは、本命の紅ではなく、こちらのブラウンが電源が入って撮影可能でしたので手渡されました。
うわぁ、かなりいい色ですねぇ、このブラウン。
しかも、“Cyber-shot”ロゴが彫り込みなのに光の加減で色目が変わります。
そして、このアングルが一番、綺麗に見えます(笑)
これは【DSC-TX7】と同じ仕様です。【DSC-TX7】の時は、単に盛った印刷で色目が変わる工夫をしてましたけど、今回は耐久性バツグンの彫り込みでの仕上げなのでいいですねぇ。
ちなみにアテンドの方達もこの色が一番人気なんだとか(笑)


DSC_TX55_004.JPG
そして、こちらのゴールドもブラウン同様、“Cyber-shot”ロゴが猫の目のように光の具合で変わります。
しかもこちらは各部のエッジが落ちた部分で色の濃淡が綺麗に出るんですよねぇ。だからてっきりこちらが女性の人気をかっさらったと思ったんですが、二番人気とはちょっと意外でした。 それにしても、この2色だけは気合いの入り方が違いますね、開発陣の気迫を感じます(*^^*)


DSC_TX55_006.jpg
今回は久しくTと言えば薄くて小型の称号を忘れたかのように肥大化していましたが、贅肉をそぎ落とす事によってかなり薄くなりましたね。
私も【DSC-TX100V】を使っていてフルタッチパネルになったのにわざわざ再生ボタンを独立させているのは疑問だったのですが、贅肉扱いされてこのモデルではオミットされましたね。当然と言えば当然ですが(笑)
それに伴って電源ボタンとシャッターボタンが一括りのデザインに変更されてますが、間違って押すと言う事はなかったですよ。


DSC_TX55_005.JPG
薄型化に伴って、側面には全くスイッチやコネクターの類は実装されず、総て底面に集約された形になってます。まさかHDMI端子が剥き出しでコンニチワしてくるとは思いもしませんでしたけどね(爆)
で、ここである事に気付く訳です・・・・


DSC_TX55_007.jpg
そう、三脚ネジが異様に小さいのです。
右の紫の“Cyber-shot”が通常の三脚ネジが実装されてる【DSC-WX30】な訳ですが、めっちゃ小さいでしょ、それに対して【DSCTX55】って。どうやらカタログを見ると三脚アダプターが附属するので、標準の三脚に固定する場合はこちらを使うみたいです。まだソニービルにも実物がないので確かめる事は叶いませんでしたが、まさか往年の迷機【DSC-T7】のようなスタンド仕様ではない事を祈るばかりです(爆)
 
まぁ、実使用において、ポケット三脚を使う時に困るぐらいなので、ここまで小型化に拘るならアダプターじゃなくて専用ポケット三脚を附属してくれた方がSONYらしかったのに、と思うのは私だけでしょうか?


DSC_TX55_008.jpg
そして最後にこのモデルは小型化を優先させた為にメモリーがMicroSDとメモステMicroしか挿さらない事だけは購入時に気を付けなきゃです。
まぁ、今年の春モデルからUSB給電/接続が可能になったので、一回本体に挿したら恐らく取り外すのは稀になるので、さしたる問題ではないですけどね。
 
えっ、そんな事をわざわざ書くって事はもしかして買うのか?ですって。
いやぁ、試作機レベルで【DSC-TX100V】の不満点が総て解消されてるんですもん、このモデル。
タッチパネルの感度も私の操作スピードに遅れる事なく追従しますし、微妙にメニュー系も改善されていて、キビキビ動く様になったのが良いです。そしてレビュー用のブツ撮りに有利な給電しながらの撮影に別売りの【AC-UD10】を使えば対応してくれるようになったというのもポイント高しです。この機能は【DSC-TX55】だけの機能なので、開発陣も有機EL搭載Tシリーズはバッテリーが保たないという認識があるからこその対応ですよね、きっと。
 
内容的にはTX100Vが霞むほどの安定感があるこのモデル、別にGPSもTruBrackも要らないよ、って向きには絶対にこっちの方がいいです、その差額4000円程度なら断然、こっちをお奨めします 。(^_^)b
私はその圧倒的な安定性にグラグラ揺れていますがまだ発売まで間があるので、ちょっと楽しく悩んでみたいと思います。
では(^_^)/


※関連リンク

艶やかなる深紅へ!!・その1【SONY・Cyber-shot DSC-TX100V/R 問題だよ編】

艶やかなる深紅へ!!・その2【SONY・Cyber-shot DSC-TX100V/R 液晶保護シート解決編】

艶やかなる深紅へ!!・その3【SONY・Cyber-shot DSC-TX100V/R 開梱/外観編】

艶やかなる深紅へ!!・その4【SONY・Cyber-shot DSC-TX100V/R 附属品編】

艶やかなる深紅へ!!・その5【SONY・Cyber-shot DSC-TX100V/R 初期設定編】

艶やかなる深紅へ!!・その6【SONY・Cyber-shot DSC-TX100V/R メニュー・その1編】

艶やかなる深紅へ!!・その7【SONY・Cyber-shot DSC-TX100V/R 背景ぼかし機能編】

艶やかなる深紅へ!!・その8【SONY・Cyber-shot DSC-TX100V/R 背景ぼかし機能もう一度編】

艶やかなる深紅へ!!・その9【SONY・Cyber-shot DSC-TX100V/R 総括編】

艶やかなる深紅へ!!・その10【SONY・Cyber-shot DSC-TX100V/R 一瞬、ヒヤリ編】


nice!(18)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 18

コメント 4

Virgo

>ロスさん、nice!ありがとうございます。

>ryo1216さん、nice!ありがとうございます。

>sakusanさん、nice!ありがとうございます。

>sonyandvaiofanさん、nice!ありがとうございます。
by Virgo (2011-08-13 20:34) 

Virgo

>rebeccaさん、初めまして。

nice!ありがとうございました。

by Virgo (2011-08-13 20:34) 

Virgo

>蔵三(ぞうさん)、nice!ありがとうございます。

>hidexさん、nice!ありがとうございます。

>Succhiさん、nice!ありがとうございます。

>ガッツさん、nice!ありがとうございます。

>くまにぃさん、nice!ありがとうございます。

>Kさん、nice!ありがとうございます。

>sundayblueさん、nice!ありがとうございます。

>kanchinさん、nice!ありがとうございます。

>馬爺さん、nice!ありがとうございます。

>チャーリーさん、nice!ありがとうございます。

>bitさん、nice!ありがとうございます。

>つなみさん、nice!ありがとうございます。
by Virgo (2011-08-13 20:36) 

Virgo

>dnaさん、nice!ありがとうございます。
by Virgo (2011-08-28 16:23) 

Facebook コメント

トラックバック 0