So-net無料ブログ作成

えっ、嘘、壊れた?!! 【Apple・iPhone3GS 不死鳥編】 [Apple]

事件は仕事が一段落したとても遅い昼休憩に起こりました。
とある件でiPhoneを再起動した時に起こりました。
 
なんと、なんと、起動時に黒バックのあの林檎マークで停まったままになってしまったのですよ。
iPhone3GS_073.jpg
いやぁ、まだ仕事がかなり残っててメールのやりとりもしなきゃならなかったので慌てて会社携帯に連絡貰えるようにして、後は対処策だけググって仕事を片付けてひとまずは帰宅しました。
そもそも、【Echofon】の検索窓から“Keikakuteiden”と言う文言がまるで地縛霊のように貼り付いて鬱陶しかったのをどうすれば、いいかなぁ?という投げかけをSkypeにして、その解答に従ってアプリ削除して、本体再起動という儀式を行っただけなんですけどねぇ。


全く以て、間違いのない解答を頂いて実行しただけなので、どうか解答して下さった方々は、気になさらないで下さいね。
 
そもそもは“Keikakuteiden”がいけないのですから(笑)
 
なんとか自宅に帰り着いてブラジルワールドカップ三次予選、タジキスタン戦を横目にググッって見つけたサイト「iphooone wiki」にあった『DiskAid』というフリーソフトを使う手段を試すも全くMacで認識しないのでこの手は断念。
 
続けて、元ネタは林信行さんのブログ内の「iPhone壊れてTwitterの難しさを知る」というひたすらiTunesを起動したMacに繋いだiPhone3GSの電源ボタンとホームボタンの長押しによる再起動を5分置きに繰り返すという手法に縋ってみました。
 
こう書くと今後の為にならないので、備忘録とアクシデントをちゃんと記事化して下さっていた先達に敬意を表して原文に追記をして私のiPhone3GSがどうやって復活したかを書いておきます。
 
1. パソコン上でiTunesを起動しiPhoneをUSB接続(この後もずっとつなぎっぱなしにしておく)。
iTunesは何があろうとも終了させない。
2. 電源+HOMEボタンを、iPhone本体に再起動がかかって、その後、アップルマークが表示されるまで押しっぱなしにする。
3. その後、iPhoneの画面がやや暗くなるまで5分ほど放置する。
4. もう1度、電源+HOMEボタンを、iPhone本体に再起動がかかって、その後、アップルマークが表示されるまで押しっぱなしにする。
5. 2分くらいするとiPhoneがバイブレーションするらしいのですが、うんともすんともならないので5分ほど待って、再度、 電源+HOMEボタン長押しで再起動を試みる最中にiPhoneがバイブレーション。ここで慌ててボタンを離すと失敗するらしいので、臆せず電源+HOMEボタン長押ししてiPhoneを再起動させたら、却って良くなかったみたいでiTunes上でこのiPhoneは同期出来ませんと見慣れないアラートが表示される。
6. この直後、iPhoneに見慣れたパスワード画面が表示されたので打ち込んでみると見事、復活。
7.ただし、iTunesとの同期が一向に開始されないのでMacを再起動。
8.再起動したMacとようやく同期が開始されたので、【Echofon】をiTunesから再配置して事なきを得ました。
 
 
後、少しでお役ご免とは言え、昨夜、浮気するみたいに【iPhone 4S】に色んなモノを買って来たのが良くなかったんですかねぇ(^_^;;)
それにバックアップをちょっとサボっていたのでかなり肝を冷やしましたよ。
これからはバックアップもこまめにしなきゃなぁと痛感する出来事となりました。
皆さんもバックアップはこまめにしておきましょうね(^_^)b



nice!(15)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 15

コメント 0

Facebook コメント

トラックバック 0