So-net無料ブログ作成

BA×BT×スカート付き=最強!? ・その2【SONY・ BAワイヤレスステレオヘッドセット XBA-BT75 外観 後編】 [購入日記]

昨夜に引き続き、今宵も首を長くして待っていたSONYのBAワイヤレスステレオヘッドセット【XBA-BT75】の話をしようと思います。
既に通勤の行き帰りに使ってみたのですが、ショールームで感じた遮音性にはまだ至ってないのでイヤーピースのサイズを変えてみたりベストなポジションを見つけるべく模索しております。
 
とは言ってもこのブログ上ではまだ肝心の本体の外観を何も紹介してないのでまずはそにの辺りから再開しようと思います。

XBA_BT75_031.jpg
今回、ドライバーをダイナミック型からBA型に変更したお陰でバッテリーやらBluetooth絡みの回路など一切合切をハウジング部に押し込めた形となっているため、ダイナミック型で最大のハウジング容積を誇る【MDR-EX1000】より更に大きなものになっています。

とは言ってもそこはSONY製なのでこれで本当にバッテリーや回路が収まってるの?というぐらいコンパクトになっていますので装着してもそれほど重く感じる事はありません。
では、各部を見ていきましょう(^_^)b


XBA_BT75_033.jpg
紅いメタリックラインが眩しい右ハウジングにはこのヘッドセットの操作系やBluetoothユニットが高密度実装されているんですよね。その右を示すメタリックラインとSONYロゴに挟まれた場所にポツンと開いた穴が電話として使う際のマイクになります。

XBA_BT75_032.jpg
ハウジングを耳にセットした際に地面とランデブーする面には電話を掛ける事を示すアイコンが刻まれたマルチファンクションボタンがかなり大きな顔をして鎮座してます。
このボタンが電源のOn/Offや電話を使う時に大活躍するのです(笑)


XBA_BT75_034.jpg
左右のハウジングを繋ぐケーブルは正味60cmほどですが、ヘッドホンとしてはかなり太めのケーブルながら腰のあるしっかりした作りになっています。
この買った時に貼ってあるリチウム充電池に関する注意書きは邪魔なのですぐ剥がしましょう。
まぁ、この手の注意書きを読まない、もしくは取扱が分かっていないヒトは何処に貼っても気付いてくれないのがメーカーとしては悩ましい処なんでしょうけどねぇ、ここでなくてもいいのに(^_^;;)


XBA_BT75_035.jpg
右ハウジングから13cmほど進んだ位置に一見すると音量調節だけに存在すると思われがちな+/-ボタンがあります。
このボタンは曲の再生中、長押しすると曲送り/曲戻しになります。


XBA_BT75_036.jpg
このボタンの裏側にはシリアルNo.を示す銘板シールが貼ってあります。バッテリー内蔵キャリングケース同様、先行品と同じく中国製である事から今回、発売遅延の理由は九分九厘、BAドライバーの生産に支障を来した為と言う事が分かります。
だって中国製なのに発売が遅れたとなると基幹部品のBAドライバーがタイで生産出来ず立ち往生したとしか思えないですものね。


XBA_BT75_037.jpg
右ハウジングには他にもイヤーピースが生えてる面にキャリングケースから充電するための端子と上の写真では見づらいですが、その左脇にリセットボタンがあります。リセットボタンはフリーズした時にゼムクリップを伸ばした先っぽなどで操作するとフリーズが解除されますから、何かあったらここを突くと覚えておきましょう(^_^)b

XBA_BT75_038.jpg
キャリングケースにハウジングを収める時はケースと正対する事になりますから実際に右ハウジングは左側に格納されるので、当然、充電端子も左にあります。
XBA_BT75_039.jpg ↑カーソルを合わせると(iPhone/iPadの場合はタップすると)Before/Afterします。
イヤーピースは普通のハイブリッドの倍はあろうかというロングスカート仕様なので交換する時はスカートを捲ってこの状態にした方が無難でしょう。

XBA_BT75_041.jpg
耳穴に接するダクトの前面に必ずあるフィルターもノズル先端よりセットバックした形で固定されてるので掃除する際に剥がれる事はなさそうです。

XBA_BT75_042.jpg
こちらが装着した状態ですが普通のカナル型と違って【MDR-EX1000】などと同じく耳の付け根を通って耳の後ろにケーブルを廻すスタイルなので思ったほど大きく感じません。
問題はイヤーハンガーの素材が【MDR-EX1000】よりよろしくないのでちょっとかっちりと耳の付け根に収まってくれないのが今の処、使用しててもどかしい部分です。
数日使って馴染んでくれるかどうか見極めていこうと思います。


XBA_BT75_043.jpg ↑カーソルを合わせると(iPhone/iPadの場合はタップすると)別アングルの写真に切り替わります。
一通り、セッティングも終わったのでパッケージを保管すべく元に戻していて気付いたのですが、このパッケージの開け口のストッパー周りの形状ってもの凄く凝っていて、蓋もストッパーも小気味良く閉じてくれるし、一旦、閉じると簡単には外せないようになっています。
P.P製のパッケージはどうしてもこの閉じ口、開け口が綺麗に閉まらなくて製品の印象を悪くしてしまうのですが、ホント、今回のこのパッケージは非の打ち所がないほど決まっています。


XBA_BT75_045.jpg
それだからか、パッケージを保護するビニール袋の閉じ方も実に丁寧な仕事がなされていたんですよね。
やはりここまで美しいパッケージだとユーザーの手許に渡るその瞬間まで美しくさせたいという意思がそちここに働くんですかねぇ。
 
という事で簡単ではありますがこれにて外観編はお仕舞いにして次回は音質、そしてスカート付きの効能・遮音性などについてお送りしたいと思います。
では(^_^)/


※関連リンク

スカート付きだとは思わなかったよ!!【SONY・BAヘッドホンシリーズ総覧】

BA×BT×スカート付き=最強!? ・その1【SONY・BAワイヤレスステレオヘッドセット XBA-BT75 開梱編/外観 前編】


nice!(15)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 15

コメント 0

Facebook コメント

トラックバック 0