So-net無料ブログ作成

待ちに待った侍(もののふ) α-NEX!!!・その3【SONY・ミラーレスレンズ交換式カメラ NEX-7 使った感触編】 [購入日記]

春めく3月が始まりました。
四年に一度の閏日であった昨日のあの雪は幻だったのかと言わんばかりで前回の雪の残骸たる路面凍結もなく快適でしたね。ただ、気温はかなり上がった筈なのになんとも体が冷えてしまう現象に見舞われちょっとだけ体調が優れません。昨夜の『肉の会ダブル』ではすこぶる快調だったんですけどね、胃袋を中心として(爆)
 
夜が明けるともしかするといよいよ【DSC-TX300V】の先行予約が開始されるかもしれませんし、何より金曜日は毎週穴を開ける訳にはいかない仕事が半日はたっぷりとありますので、何とか寝て治したいとと思います。

NEX_7_047.jpg
いくら【DSC-TX100V】を手放して以降、【NEX-7】+【LA-EA2】+【SAL30M28】の組み合わせに慣れてしまったとは言え、やはり構えずに撮れる“Cyber-shot”の魅力には抗しがたいものがあるので、ね。

とは言え、上記の組み合わせでblogのブツ撮りなんかはサクサクッとほぼ思い通りに撮れるので【DSC-TX300V】がやってきても以前のように“Cyber-shot”だけでblog更新という頻度は確実に減ると思われます。

NEX_7_048.jpg
【LA-EA2】を挟んだ使い方だとテーブルなどに置いた時の座りの悪さも店員佐藤さんがやっておられたこの変則的なレンズ寄りのボディ側面を底にするという置き方であれば解消出来ますし、何よりこの置き方の良い処は可動式の液晶を引っ張り出したまま、安定して置けると言う利点も生みますしね。(^_^)b

NEX_7_049.jpg
↑カーソルを合わせると(iPhone/iPadの場合はタップすると)ミニチュアライズド解除です。
大体、この仰角45度と呼びたくなるような砲座的置き方だと液晶を必ず格納してからじゃないと液晶可動軸を痛めてしまいそうですからね。
それにもう一つ、困った事も解消出来るんですよ。


NEX_7_051.jpg
それはこの背面側のパームレスト上にある動画撮影用ボタンに無意識に触って静止画のつもりが動画になっててシャッターチャンスを逃すと言うお粗末な展開を避けられる事なんですよ。動画なんてほとんど使わないので録画ボタンがこの位置にあっても誤操作なんてする訳がないと思ってましたが、かなりの頻度で録画してしまってます(^_^;;)
またねぇ、その動画を消して静止画のプレビューをしようとしても動画のプレビューから抜けるにはなんでもいいから1枚、静止画を撮るか、一々メニューに戻ってビューモードを切り替えるしか方法がないんですよね。
 
一番いいのは私のように滅多に動画を撮影しないユーザーのために、メニューで録画ボタンの無効化かそれともカスタムボタンとして割り当て変更出来るといいんですけどね。
いずれにしても当座は店員佐藤さんの置き方を無意識に出来るようにして回避しようと思います。
ちなみにEマウントの専用レンズ群では間違って動画撮影をした事はないのでやはり仰角45度置きに因る処が大きいんだと思います。仰角45度になってると実に押して欲しそうに上を向いて微笑んでますからね、動画撮影ボタンは(笑)
 
という小ネタで今宵は閉幕させて頂きます。
来週末は【NEX-7】と【DSC-TX300V】を連れて撮影散歩したいなぁ。
では、(^_^)/


※関連リンク

待ちに待った侍(もののふ) α-NEX!!!・その1【SONY・ミラーレスレンズ交換式カメラ NEX-7 開梱編】

待ちに待った侍(もののふ) α-NEX!!!・その2【SONY・ミラーレスレンズ交換式カメラ NEX-7 外観編】

侍(もののふ) α-NEX〈NEX-7〉に帯同するもの【CRUMPLER・THE NOOSE(リストストラップ)】

nice!(12)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 12

コメント 0

Facebook コメント

トラックバック 0