So-net無料ブログ作成

鎌倉と桜とα!!【SONY・NEX-7 & SEL50F18 実力は発揮されたのか!? 編 】 [写真]

昨夜に引き続き、鎌倉デビューの顛末をお送りします。
それにしてもどんどん気温が上昇して日々の最高気温がこのまま行くと来週には20度をキープされそうで暑がりな私には地獄の日々が始まりそうです。と同時に食への欲が湧いて来ないのでこのままだと十数年振りに夏、どっかで倒れるんじゃないだろうかと戦々恐々としております。
十数年前は一気に半年で10kg以上痩せたから夏を乗り切るだけのスタミナがなくなって大変だったんですよ。うーーん、この歳で倒れるのは恥ずかしいので何とかしなければ(>_<)

そんな前置きはおいといて、色々な事があった二月、三月、買ったままでちゃんと使いこなす為にどこにも連れて行ってあげてない私のメインデジイチ【NEX-7】の新しき相棒【SEL50F18】の習熟運転を兼ねて鎌倉に白羽の矢を立てたのでした。
鎌倉は独りでは来たくない場所だったんですが仕方ありません。
今、行かないと一生行かない気がして・・・バキッ!!☆/(x_x)


20120409_kamakura_011.jpg
強ちオーバーじゃないんですよ。
私って相当な頑固者なので一度決めるとテコでも動かないんですな。
その癖、迷う事があってチャンスを失うと延々迷うみたいな厄介者なんです(*^^*)


そんな訳で今回はあくまで『鶴岡八幡宮』に咲き誇る桜を見て愛でて撮影をする事だけに重きをおいて、いざ、参ります。

20120409_kamakura_010.jpg
ちなみに『鶴岡八幡宮』に至る桜並木にはある間隔でこんな灯籠が二本ずつ設置してあるのですが、灯籠の籠部分をちゃんと和紙で囲ってるんですよね。
さぞかし、夜は綺麗な事でしょう。
絶対、来たい。
そんな時を創りたいものです(`・ω・´)キリッ

 
※私は基本人混み駄目ですが、腹が据わるとサクサクッ動くタイプなんです。
面倒でしょ(爆)
ここからの撮影は注釈が入らないものは基本、【SEL50F18】を使って撮影しています。


20120409_kamakura_012.jpg
↑カーソルを合わせてクリックすると(iPhone/iPadの場合はタップすると)別ウィンドウで展開します。 20120409_kamakura_013.jpg
↑カーソルを合わせてクリックすると(iPhone/iPadの場合はタップすると)別ウィンドウで展開します。
ソメイヨシノってどうも死人花と渾名される事もあって白に近いピンクであまり好きではありません。なのでこの2枚は強引にホワイトバランスを態と太陽光ではない状態で撮影してみました。私の中の桜ってこんなイメージなので撮ったままで何もサイズ以外は弄っておりません。

20120409_kamakura_014.jpg
『鶴岡八幡宮』って有名ですけど、これほどのモノとは思いもしなくて結構、ニの鳥居をくぐって気圧されてしまいました。手水舎も立派でちゃんと手水の所作について書かれてるのでちゃんと読めば誰も間違いなく出来る筈なのに読まない人が多いから、いや、その前に手水をする人が少なかったです(爆)
今回は参拝するつもりはなかった私でさえやったのに・・・朝も早くからカンチューハイ片手に金切り声を上げながら境内を練り歩く大学生たちにちょっとげんなりしてしまいました。


20120409_kamakura_015.jpg
竹筒から流れ出る水がなんとも清らかで気持ちいいものなのねぇ。

20120409_kamakura_016.jpg
↑カーソルを合わせてクリックすると(iPhone/iPadの場合はタップすると)別ウィンドウで展開します。
その水を受ける石製の受けもまた寄贈年が分からなくなるほどの年月を経てその時々の人々を無言で見てたかと思うと今の我々はどうですか?と聴いてみたくなります。

20120409_kamakura_017.jpg
↑カーソルを合わせてクリックすると(iPhone/iPadの場合はタップすると)別ウィンドウで展開します。
20120409_kamakura_018.jpg
↑カーソルを合わせてクリックすると(iPhone/iPadの場合はタップすると)別ウィンドウで展開します。
手水舎からすぐ側にある舞殿(静御前が舞ったされる)の脇に奉献された酒樽の一群が並べられてるのですがこれがかなり壮観です。
F1.8と明るい【SEL50F18】と超高解像度の眼を持つ【NEX-7】との組み合わせだと情報量が多すぎてSo-netブログの規約上の画像1枚当たり1MBを越えられないので小さくするのに難儀しました。
一瞬、有料化して生データを載せたいと思った程です。


20120409_kamakura_019.jpg
↑カーソルを合わせてクリックすると(iPhone/iPadの場合はタップすると)別ウィンドウで展開します。
舞殿を過ぎると階段の上にいきなり本殿が顔を覗かせます。こちらも建築魂を揺さぶられるほどなんですけど、いやぁ、これ細部までシャープに撮りきってくれててもう感涙ものでした。こちらもリサイズしないとblogに収まらなかったのが何とも悔しいんですけどね。

20120409_kamakura_020.jpg
↑カーソルを合わせてクリックすると(iPhone/iPadの場合はタップすると)別ウィンドウで展開します。
本殿の門の上には真ん中に龍、両脇に虎、さらに回り込むと馬の彫り物が鎮座してるんですが、この彫り物も実に素晴らしく帰って来てMac上で見て驚きました。何気にお飾りかと思いきやかなりの彫り物であると言う事とそれを分からしめる描写力を私のようなものでも持ち得るようになったテクノロジーの進歩に対する驚きです。

20120409_kamakura_021.jpg
そして本殿脇にあるこの鳥居の先には丸山稲荷社本殿があるみたいです。社務所の方達がひっきりなりに登っていたので行ってはいけないのかなぁと思って躊躇しましたが、次回は入ってもいいのか聞いてみようと思います。

20120409_kamakura_022.jpg
↑カーソルを合わせてクリックすると(iPhone/iPadの場合はタップすると)別ウィンドウで展開します。
こちらは先程の舞殿の屋根ですが、拡大するとこの1枚1枚の屋根を構成している部材の折り重なり方まで分かる程です。今の建築を学ぶコたちは幸せですねぇ。こういうカットを撮影してウチに帰ってPCに取り込めばあらゆる情報が再度足を運ばなくても良くなるんですから。まぁ、それでも本物には敵わないのでその上で足繁く通う事も大事だとは思います。

20120409_kamakura_023.jpg
↑カーソルを合わせてクリックすると(iPhone/iPadの場合はタップすると)別ウィンドウで展開します。
ここからは桜巡りですよ。
いよいよ、ね。
木の幹を掛け軸に見立てて一輪刺しが如く伸びゆく桜。
なんかまだ蕾を数多く抱えてますが、満開になる前のこの一歩手前がココロを弾ませてくれると共にふっきる為の力をくれそうな気がします。


20120409_kamakura_024.jpg
↑カーソルを合わせてクリックすると(iPhone/iPadの場合はタップすると)別ウィンドウで展開します。
桜のイメージとして死人花の対極の屍の生気を吸ってなお、天に向かうって感じを思い浮かべます。
するとこんなアングルを探してきたりするんですが、好天過ぎるとF1.8は明るすぎてやはり絞る事になりますね。


20120409_kamakura_025.jpg
これは途中の看板の隅に描かれていた各社の配置図のようなものなんでしょうが、この雰囲気好きです。
これ、もっと大きく分かりやすい処に掲出してもいいんじゃないでしょうかね。


20120409_kamakura_026.jpg
↑カーソルを合わせてクリックすると(iPhone/iPadの場合はタップすると)別ウィンドウで展開します。
これからの2枚だけは【SEL18200】を使ってみました。E-Mountのズームレンズとしては広角から望遠までこの1本でこなしてくれるので買ってからはずっと【NEX-3】に装着していた常用レンズだったのですが【NEX-7】には今回が初めての装着になりました。さほど明るいレンズではありませんが、ここまでの好天だと却って丁度いい扱いが出来るのでたまには使ってあげなきゃなぁ、です。

20120409_kamakura_027.jpg
↑カーソルを合わせてクリックすると(iPhone/iPadの場合はタップすると)別ウィンドウで展開します。
ちなみになんで【SEL18200】を装着したかと言うと頭上に四羽以上のとんびが舞っていてかなりの低空飛行を繰り返していたからでした。
でも、桜ととんびって静物と動物です。
まぁ、こんなカットしか撮れませんでした。
肉眼で見ててもハッキリと舵を切る様や羽根の1枚1枚を器用に使って旋回してる様は何とも自由で憧れるものでしたので、次回は是非、とんびを狙ってみたいと思います。
それにしても街の方も何もしないからあんなに安心して低空飛行を繰り返すんでしょうかねぇ。
憧れます。


20120409_kamakura_029.jpg
『鶴岡八幡宮』の帰りにもその後の観光街でも見かけた「えびす屋エリー」なる人力車集団の愛車です。
浅草と違ってあまり利用する女性が少ないのか、さわやかな笑顔を振りまきながら営業をしてるのがちょっと切なかったですね。


20120409_kamakura_030.jpg
そんな営業をしている目と鼻の先に先程の人力車のハンガーがありました。まだ三台も発車してないんですね、頑張れー人力車のあんちゃん達!!!

20120409_kamakura_031.jpg
↑カーソルを合わせてクリックすると(iPhone/iPadの場合はタップすると)別ウィンドウで展開します。
滞在時間3時間弱でしたが、なんか 好天でもありましたし、小さなお店が集う街並みも面白かったし、何より朝早く駆け抜ければ桜も十分見る事が出来る事が分かったので来年も代休使って遊びに来ようと鎌倉を後にしたのでした。
 
次は円レンズを使わなきゃなぁ( ̄ー ̄)
アーーー円レンズはココロが壊れる前に頼んでしまっていたのですよ(笑)


※関連リンク

待ちに待った侍(もののふ) α-NEX!!!・その1【SONY・ミラーレスレンズ交換式カメラ NEX-7 開梱編】

待ちに待った侍(もののふ) α-NEX!!!・その2【SONY・ミラーレスレンズ交換式カメラ NEX-7 外観編】

侍(もののふ) α-NEX〈NEX-7〉に帯同するもの【CRUMPLER・THE NOOSE(リストストラップ)】

待ちに待った侍(もののふ) α-NEX!!!・その3【SONY・ミラーレスレンズ交換式カメラ NEX-7 使った感触編】

待望のF1.8 単焦点!! しかもOSS付き♪【SONY・α E-mount レンズ SEL50F18 開梱 / 外観編】

nice!(13)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 13

コメント 0

Facebook コメント

トラックバック 0