So-net無料ブログ作成

リモートプレイ VS uke-torne【SCEI・PSVITA PCH-1100 AA01 uke-torne実践編】 [購入日記]

いやぁ、土曜日は1日中、雨でしたね。
なので、1日、家でゆったりと過ごしてしまいました(笑)
前日、映画に行っておいて良かったですよ、ホント。
 
と言う訳で今まで、一切、【torne(トルネ)】で貯め込んだコンテンツは番組転送用のコンテンツを予め同時録画をしていないので、「uke-torne」を使って転送するには実時間以上掛かる事を考慮しなければいけなかったんですよ。 つまり、時間に余裕がある時でないと試せないって訳です( ̄ー ̄)

PCH_1100_AA01_081.jpg
まずは、先月末にPS3と接続しておいたUSBケーブルと【PSVITA】を繋ぎます。

次に【PSVITA】上で「uke-torne」を起動しておきます。こうしておかないと【torne(トルネ)】から【PSVITA】を認識してくれないんですよね(^_^)b

CECH_ZD1J_199.jpg
後は【torne(トルネ)】のメニューから“ビデオの書き出し”を選べば書き出し開始です。
えっ、この程度なら、平日の寝てる間に出来るんじゃないかですって?
うーん、平日の夜間は結構、【torne(トルネ)】が動いてるので、エラーを返して書き出し出来なかっんですよ。なので、転送を見つめながら試してみたかったんです。


PCH_1100_AA01_082.jpg
えーーと、「uke-torne」はあくまで転送用で再生は「ビデオ」から行う訳ですが、なんか面白いですよね、この仕組み(笑)
まぁ、再生が始まってしまえば「uke-torne」でも「ビデオ」でも関係ない訳ですが、それにしてもこの退化した操作インターフェースはなんなんでしょうね。【PSP】なら1〜2倍速までの0.1ステップで音声付き倍速再生が出来るのにそれすら出来ないってありえません。
画質もバグっていた「リモートプレイ」再生画質に毛が生えた程度とがっくり度満点でした。
寝床で寝る前に再生する用途なら確実に「リモートプレイ」で再生した方が転送時間も0ですし安定した画質と音声付き倍速再生で愉しめる事が分かりました。
やはり、今まで「uke-torne」を使わなかったのは本能的にこうなると気付いてたんでしょうね(爆)

うーーん、【PSVITA】って結局、我が家ではコンテンツビューアーと化してしまってるんですが、リモートプレイで外出先から動画再生が出来るようになればもっと便利になるんですけどねぇ。
その前にリモートプレイを外出先で誰もが簡単に出来るようにならないとその土俵にすら上がれないんですけどね(^_^;;)



nice!(11)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 11

コメント 0

Facebook コメント

トラックバック 0