So-net無料ブログ作成

なりは小さくとも音はパワフルサウンド!! その3【Olasonic USBパワードスピーカー・TW-S5 音質編】 [Mono Fellows レビュー]

随分と間が空いてしまいましたが返却期日も明日と迫っているのでこれが“みんぽす”経由でお借りしている“Olasonic(東和電子)”のUSBパワードスピーカー【TW-S5】の実質、最後のレビューになります。
 
この一ヶ月弱、繋ぐ余裕があれば繋いでiTunesに貯めた音楽をこのスピーカー経由で聴き貪っていた訳ですが・・・

TW_S5_019.jpg
実にねぇ、手放したくなくなる程の音質なんですよね!!

17137-33-291436
17137-33-291436
一昨年の大震災で我が家も生涯の友であろうと思っていたメインスピーカーを亡くし、部屋で音楽をオープンで聴く事がなくなっていたのですが、このサイズでこの音を聴かせてくれるなら持っていても損はないだろうなぁと思うのです。

TW_S5_018.jpg
こんな小振りのだちょうの卵のサイズでこんなにも量感たっぷりに鳴くのはこの背面から顔を出しているパッシブラジエータがスピーカ・ユニットの背面同軸上にいる事で低域の空気を後押ししてくれてるからに他なりません。

後、内蔵されてる「Super Charged Drive System=SCDS」回路がまるでハイブリッドカーのように音量の上下動を感知して音が大きい時にはそれまで貯め込んだエネルギーを放出してくれるんですよね。 つまり、音そのものと音を発生するのに必要なエネルギーというポータブルスピーカーにとって不足しがちな要素に対してターボ機能を用意してくれてるって事です。
これならば、こんな小さいなりで驚く音が出てくるのも頷けます。

ちなみに店頭などでこのスピーカーが鳴ってるときにこの煌びやかなキャビネットに触ってみて下さい。もの凄い振動が手に伝わってきます。触ってるのは音を聴く事に対しては駄目かもしれませんが、何だか頑張ってます感が伝わってくるし、妙にその鼓動に落ち着きさえ覚えますよ(^_^)b


TW_S5_020.jpg
最後にこのスピーカー、PCのUSBポートに繋いで後は音楽再生ソフトで再生すれば音が出るお手軽スピーカーだと思われがちですがMacの場合は確実にそれだけでは音が出ません(笑)
必ず初めて繋いだ時にシステム環境設定画面から上の画面(つまりサウンド設定画面)を呼び出して、「USB Audio DAC」を選び直して下さい。そうすれば次回からは繋いだだけで音が出るようになりますので、ね(^_^)b


※関連リンク

なりは小さくとも音はパワフルサウンド!! その1【Olasonic USBパワードスピーカー・TW-S5開梱/外観編】

なりは小さくとも音はパワフルサウンド!! その2【Olasonic USBパワードスピーカー・TW-S5 携行/設置編】


nice!(11)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 11

コメント 0

Facebook コメント

トラックバック 0