So-net無料ブログ作成

2013年、撮り事始め!!【SONY Cyber-shot・DSC-RX1】 [写真]

年も明けてしまえば少しは穏やかな日中になるかと思いきや、元旦の朝から曇りがちで昨日も晴れたもののやまじ風がお昼くらいから吹き荒れて陽射しがある場所と日陰では体感温度が違い過ぎて行動するのが億劫になりそうでした。
 
それでもそんな天候を避けて食べては寝て、食べては寝てでは体が鈍ってしまいますからね。なんとか【DSC-RX1】を握りしめて撮影始めと洒落込んでみました。

20130102_001.jpg
ISO 100 0EV f/2 1/2000 絞り優先モード AWB Vivid
↑カーソルを合わせてクリックすると(iPhone/iPadの場合はタップすると)別ウィンドウで展開します。
35mmと言う画角なのとピントを合わせる為に自分が縦横無尽に動かなければ中々思うようにならない【DSC-RX1】ですが寒い時はジッとしてないで撮らざるを得ないので却って良いのかもしれません。

それにしてもボケ味が綺麗なので実家のお世辞にも綺麗じゃない庭の中から被写体だけを際立たせる事が出来るので重宝しますねぇ。

20130102_002.jpg
ISO 100 0EV f/4.5 1/3200 絞り優先モード AWB Vivid
↑カーソルを合わせてクリックすると(iPhone/iPadの場合はタップすると)別ウィンドウで展開します。
「オートHDR」を使ってもコンデジの通常サイズの撮像素子と違ってフルサイズセンサーの高い感度のせいか実にいい具合に効きますよね。

20130102_006.jpg
ISO 100 0EV f/4 1/200 絞り優先モード AWB Vivid
↑カーソルを合わせてクリックすると(iPhone/iPadの場合はタップすると)別ウィンドウで展開します。
帰る度にこの南天の樹を撮ってるのですが、今年はまた一段と紅くなるのが遅くてまるで晩秋のようなカットですが、これも立派な定点観測なのでこれはこれでアリです(笑)

20130102_003.jpg
ISO 100 0EV f/4.5 1/250 絞り優先モード AWB Vivid
↑カーソルを合わせてクリックすると(iPhone/iPadの場合はタップすると)別ウィンドウで展開します。
こうしてちゃんと陽射しがあれば、陽春と言う言葉が似付かわしいのですが、気を抜くとすぐ強烈な風が舞うので中々思うように撮影出来ませんでしたが、逆に工夫して撮らざるを得ないので中々良い時間を過ごせました。後二日、実家で過ごせばまた東京へと戻りあの喧噪と向き合わなければならないので今はこの空気感を満喫しようと思います。

※関連リンク

αアクセサリーとして最もリプレイスを望んでたんです。その1【SONY リングライト HVL-RL1 開梱/外観編】

αアクセサリーとして最もリプレイスを望んでたんです。その2【SONY リングライト HVL-RL1 組み立て編】

αアクセサリーとして最もリプレイスを望んでたんです。その3【SONY リングライト HVL-RL1 試し撮り編】

決戦は金曜日だから・・(と或るカメラお出迎え準備の為に)【ETSUMI・E-7114(プロ用ガードフィルム α65対応)】

16年の歳月は35と言う数字の意味を変えた!!【SONY Cyber-shot・DSC-RX1 開梱編(暫定版)】

DSC-RX1 レビュー 一時停止宣言!!【SONY Cyber-shot・DSC-RX1 再・送付編】

三度目の正直も・・・【SONY Cyber-shot・DSC-RX1 今のソニーストアのポリシー編】

破・16年の歳月は35と言う数字の意味を変えた!!【SONY Cyber-shot・DSC-RX1 まずは守護編】

Q・16年の歳月は35と言う数字の意味を変えた!!【SONY Cyber-shot・DSC-RX1 外観編】

シン・16年の歳月は35と言う数字の意味を変えた!!【SONY Cyber-shot・DSC-RX1 液晶保護シート[ETSUMI・E-7187(プロ用ガードフィルム RX1対応)]編】

四度目ともなればループしてるとしか思えないんだわ!?【SONY Cyber-shot・DSC-RX1 再々々開梱から試し撮りまで編】

これから始まるフルサイズ写真路に思いを馳せる【SONY Cyber-shot・DSC-RX1 ようやく我が物に編】

高感度デジカメと三脚とくれば・・次の一手は!! 【ETSUMI カスタムレリーズ E-390】


nice!(16)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 16

コメント 0

Facebook コメント

トラックバック 0