So-net無料ブログ作成

5回めは4DXで!!【GIRLS und PANZER der FILM at USシネマ木更津】 [映像]

昨日は朝から木更津まで小旅行でした。
心配していた雨もちょうど自宅に帰り着いた処で降り出したので終わってみれば至極快適でした(^_^)v

目的は【GIRLS und PANZER der FILM 】の4DX版を観るだけの為と言う昨年の【THE NEXT GENERATION -PATLABOR- TOKYO WAR】の4K&DOLBY ATMOS版を観るだけの行為を彷彿させる酔狂でございます。

GIRLS_und_PANZER_der_FILM_012.jpg
↑カーソルを合わせてクリックすると(iPhone/iPadの場合はタップすると)別ウィンドウで展開します。

ちなみに木更津駅から“USシネマ木更津”は数キロあるのですが電車代だけで偉い事になってるのでランで凌ぎました(爆)
なんでわざわざ、そこまでするのと言われても、だって都内の4DXがある劇場のチケット争奪戦が半端なくて二週に渡って打ちのめされれば心が挫けても仕方ないじゃないですか(^_^;;)
まぁ、木更津なら何とかなるだろうと朝の6時からのチケット予約に参戦し見事、真ん中の席をゲット出来たのでもう行くしかないと言う事に相成ったのでした。


さて、事前に4DXのお勉強をして臨んだ訳ですが 先ずは余計な手荷物を預けるロッカーが数量限定ながら用意されてるので動く座席から転げ落ちそうな荷物は預けるに限りますね。
後は各座席の右側に水の吹き出しのオン/オフのスイッチがあるので濡れるのが嫌な人は始まる前に切る事をお勧めします(^_^;;)


GIRLS_und_PANZER_der_FILM_013.jpg
↑カーソルを合わせてクリックすると(iPhone/iPadの場合はタップすると)別ウィンドウで展開します。

私はオンにしたまま、観始めたのですがいやぁ、カチューシャとノンナ、クラーラたちプラウダ高校勢の雨の敗走シーンはただでさえ泣くのに言い塩梅に本当に劇場内に雨が降ってきてここの臨場感だけは確実に極爆を超えてましたわ。
ただねぇ、立ち昇る煙のタイミングが何処か合ってなかったりヘッドレストの両脇から銃弾、砲弾が向かって来る度に吹き出すエアはちょっと違うんじゃないかなぁと思ってしまいました。
後は戦車戦は壮大な屋外で行われるのでそんなシーンに合わせて風が吹くのは良かったです。 まさか、火花散らすシーンで天井からフラッシュが焚かれるとは意表突かれましけど、ね。
お風呂場シーンとエンディングではそれはそれは綺麗なシャボン玉がやはり天井から舞ってくるのももうただの映画じゃないわなぁとしみじみしてしまいました。


GIRLS_und_PANZER_der_FILM_014.jpg
↑カーソルを合わせてクリックすると(iPhone/iPadの場合はタップすると)別ウィンドウで展開します。

最後にカール自走臼砲の雷鎚は体感的に絶対に極爆の方が上でした。
で、総括としては色々な仕掛けを動かすモーターの駆動音などが本来の映画の音を邪魔してしまってる側面もあったので多分、4DX&極爆上映があればそれこそが最上な上映スタイルになるかもしれませんね。

余談ですが本編が始まる前に【貞子VS伽椰子】の4DX版予告が入ったのですが、これが一番4DXに向いてると思いました(笑)
同じ回を観てた他の方々も帰り際にそんな事を口を揃えて言ってたので間違いなさそうです。

はぁ、もう一回、極爆上映、観に行きたくなったかも(^^;;


※関連リンク

ここまでブームになるとはねぇ♪【映画・ガールズ&パンツァー これが本当のアンツィオ戦です!】

戦車、可愛いよ♪【GIRLS und PANZER der FILM at MOVIX亀有】

今だからこそ観るべき映画館は選ばなきゃかもね。【立川シネマシティ】

極爆上映(センシャラウンドファイナル)は本当に凄かった!!【GIRLS und PANZER der FILM at 立川 CINEMA CITY】

三度観なきゃ分からない事もある、二度聴いて震える事もある(号泣)【GIRLS und PANZER der FILM at 立川 CINEMA CITY】

初詣ならぬ初極上爆音参り!!【ガルパン/SW 7 at 立川 CINEMACITY】

やはり極上爆音上映は痺れるわ!!!【STARWARS Episode VII THE FORCE AWAKENS / GIRLS und PANZER der FILM at 立川 CINEMACITY】


nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 6

コメント 0

Facebook コメント

トラックバック 0