So-net無料ブログ作成

意外と何処にでもぶら下がるぞ(笑)【DreamWave Audio・BUBBLE PODS 音質編ほか】 [モニター]

さて、今日からまたまた三連休です。
暑さにめげず今日は朝から映画をハシゴする予定です(`・ω・´)キリッ

今日は昨日に引き続き、サンプルとして試してる“DreamWave Audio”のBTアクティブスピーカー【BUBBLE PODS】のお話の続きです。

BUBBLE_PODS_014.jpg
↑カーソルを合わせてクリックすると(iPhone/iPadの場合はタップすると)別ウィンドウで展開します。

このスピーカーの性能は出力が5Wと言う事で同一価格帯の製品では一歩抜きに出ています。
また充電時間も45分と割と短めです。
しかも、最大音量で5時間、通常音量で10時間なのでかなりなスタミナさんでもあります(^_^)b

机に置いて使うと言うよりぶら下げて使う方がとても似合います(笑)
逆を言うと机の上は苦手かも(^_^;;)
Bluetoothのバージョンは4.0+EDRと言う事で「Bluetooth Low Energy」には対応してません。 英国のCSR製チップを使ってるのでAACが省かれ「SBC」と「apt-X」の音声コーデックに対応してます。
プロファイルは「A2DP」、「AVRCP」、「HFP」に対応ですね。
昨日も言いましたが「IPX5」表示っ事は防塵テストを受けてない筈なのに防塵である事もサラリと謳ってるのが気になります。
なので、まぁ防塵は防水性能から担保する形程度だと思って使うのが吉ですね。
アウトドア仕様なのでしっかりテストして「IP55」とかの規格取得すれば良いのにねぇ。
まぁ、この辺りのスペックが本国サイトにも国内サイトにも個装箱でも正確に表記されてないのが玉に瑕なので正確を期してみました(笑)


BUBBLE_PODS_015.jpg
↑カーソルを合わせてクリックすると(iPhone/iPadの場合はタップすると)別ウィンドウで展開します。

肝心の音質は籠もるでもなく40mm程度のフルレンジスピーカー搭載の割に低音も効きます。
低音に寄りすぎて最大音量で音が割れてしまわないか心配しましたけどそんな事もなくいい塩梅です。 直接お湯が掛からない状態でシャワー程度の使用時間ならお風呂場だったり、先程の防塵性能の確約がないけど、キッチンや勿論、想定フィールドであるアウトドアで使うには持って来いなアクティブスピーカーだと思います。


※関連リンク

夏に相応しいアクティブスピーカー!!【DreamWave Audio・BUBBLE PODS】


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 2

コメント 0

Facebook コメント

トラックバック 0