So-net無料ブログ作成

音と光のファンタジー!!【君の名は。-your name.- at MOVIX亀有】 [映像]

昨日は一昨日、行く筈だった映画を観に夕方から今や、私のメイン館になった“MOVIX亀有”までラン&ウォークで往復した訳ですが、最後の最後で、雨に祟られてしまいました(^_^;;)
台風10号が近づいてるせいもあって、天候が不順ですよね。

そんな昨日、観た映画は新海誠監督最新作【君の名は。-your name.-】です。



実は新海誠監督作品は前作の【言の葉の庭】以外、全部メディアで持ってるのにちゃんと観た事がないと言うとんでもない状態だったりするのですが、今回、公開記念で東京ローカルでは【秒速5センチメートル】が放映されており、それをようやくちゃんと観て、今回は映画館に足を運ぶ事にしたのでした。
新海誠監督の作品はデビュー当初から口コミなどで高評を得て映像作家として着実にキャリアを積み上げられて来たのを知りつつ、パッケージメディアも都度、買ってる割に今まで目にして来なかったのはいつも変わらぬタッチのキービジュアルとは対照的に内容がどこか切ない悲恋的な印象があって、尻込みしてたのでした。

your_name_001.jpg
↑カーソルを合わせてクリックすると(iPhone/iPadの場合はタップすると)別ウィンドウで展開します。

今回もパンフに使われたキービジュアルは見ればすぐにそれが誰の作品なのか一目で分かるものですが、はてさてまた悲恋的な結びだったらどうしようと思っていたのですが、予告を見る限りは過去最高に切なさは少なめでようやく王道的なエンタメ作品になってると言う判断で観て来ました。
結果は想像の斜め上をいく展開と独特の光に対する美学と言っても良い背景、セル(もうセルじゃないんだけど)ワークに打ちのめされました。


your_name_002.jpg
↑カーソルを合わせてクリックすると(iPhone/iPadの場合はタップすると)別ウィンドウで展開します。

予告で流れてる情報だけしか知らないとあの『転校生』を頭の中に思い描いてしまう世代ですが、そんな単純な事ではなくそこには1200年に一度、地球の脇を通り抜ける彗星が話の起承転結に大きく影響し、中身が入れ替わると言う不可思議な体験にタイムリープ的な何かがエッセンスとして加わり、主人公の男女、「瀧」と「三葉」の出逢いと別れとそしてまた・・・的な恋物語になっていくまでを瑞々しくそしてエンターテイメントとしてきっちり描き切っててます。
とても107分と短めの尺とは思えない濃密で起承転結が二回あったんじゃないかと思う程です(笑)
そんなお話をバッドエンドじゃなくてハッピーエンドへと導くキーワードは「カタワレ時」「組紐」「口噛み酒」「ムスビ」、この四つなので、何はなくともこのキーワードが出て来たらそれを忘れずにお話を追っかけるだけで、多分、号泣するでしょう。
実際、女子率が高く、多感なお年頃のコたちはもう泣きじゃくるコも居れば、相方が号泣してるから自分もつられて泣くコ、逆に泣けなくなったコなど、様々でした。
で、終わった後、そんなコたちが囁いていたのはもう一回、観に来るって言葉でしたね。
これは【シン・ゴジラ】もそうでしたが、今夏はリピーター率が高い良作が集ってしまったのかもしれませんね。
 
後、音楽を担当してる“RADWIMPS”の曲が起承転結のキーになってるのではと言うここしかないと言うタイミングで流れるのも、彼女達の号泣率を高めてたのではないかと思います。
立川が極音上映を決定したのも頷ける出来映えなので、私も出来たら次は立川詣でかと画策しております(`・ω・´)キリッ



nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 7

コメント 0

Facebook コメント

トラックバック 0