So-net無料ブログ作成

正に渡りに舟の機種変だったわ(笑)【UQコミュニケーションズ・UQ WiMAX / Speed Wi-Fi NEXT W04 開梱/外観編】 [携帯端末]

今日で4月も終わってしまいます。
世間的には既にGWに突入していて、明日、明後日、休めれば最大9日の大連休を満喫されてる方も多いのではないかと思います。私は明日は代休消化で休みとは言え、その後の旗日は全部出勤です(笑)

さて、明日から5月になると言えば個人的に二年に一度の“WIRELESS GATE”の契約をどうするか決める月になるので、それが最大の関心事になります。“WIRELESS GATE”経由で契約した「WiMAX 2+」は(「WiMAX」の時は1年毎だった)2年毎に解約して新型ルーターを0円で新しく契約を結び直せる希有な存在とは言え、今回、それを実行すると月額料金が高くなってしまうので止めて他のサービスを検討すべきか年明けから悩んでおりました。そんな5月が押し迫ったつい先日、料金プラン据え置きで機種変が出来ますよと言うキャンペーンDMがやって来たのでした。

W04_001.jpg
↑カーソルを合わせてクリックすると(iPhone/iPadの場合はタップすると)別ウィンドウで展開します。

私の場合、年に一度の実家帰省の際に「au 4G LTE」が使えないと駄目なのです。よって、世間では人気の“NECプラットフォームズ” 製端末【Speed Wi-Fi NEXT WX03】は「au 4G LTE」レスなので端から眼中になかったとは言え、今回のキャンペーンでは人気につき、対象機種から外されており、これを待っていた人はさぞ阿鼻叫喚だろうなぁと傍観しながらそそくさと申し込んだのでした。
すると、頼んだ日の翌日には出荷されてその翌朝には最寄りの郵便局留め出来てしまいました。なので多分、36時間掛かってないです。実際に受け取ったのはその日の夜ですからそれを含めても正味48時間で手にしており、だとしてもこの迅速な対応は素晴らしいですね。

W04_002.jpg
↑カーソルを合わせてクリックすると(iPhone/iPadの場合はタップすると)別ウィンドウで展開します。

今回の機種変更キャンペーンって、機種変更手数料の1620円(税込み)は“WIRELESS GATE”に支払ってる月々の代金に織り込まれ、肝心の端末は“UQコミュニケーションズ”から発送と言うスタイルなのです。なので、端末に何かあった場合は“au”ではなく“UQコミュニケーションズ”に問い合わせる事になるのだけが要注意点かもしれません。

W04_003.jpg
↑カーソルを合わせてクリックすると(iPhone/iPadの場合はタップすると)別ウィンドウで展開します。

N式の輸送箱に大事に護られていた【Speed Wi-Fi NEXT W04】の個装箱はいつもの蒼基調ではなく、薄いブルーグレーのストライプ柄でした。これはこれですっきりしてて良いです。一緒に封入されていたのは保証書に貼る用らしい発送日が刻印されたシールと機種変更のガイダンスシートでした。

W04_004.jpg
W04_005.jpg
↑カーソルを合わせてクリックすると(iPhone/iPadの場合はタップすると)別ウィンドウで展開します。

個装箱も同じくN式ベースの箱になっており、上蓋を跳ね上げるといきなり透明のP.P製袋にくるまれた本体とご対面です。この辺りも既に携帯電話でお馴染みの流れなので今となっては大した感動もありませんね(笑)

W04_006.jpg
↑カーソルを合わせてクリックすると(iPhone/iPadの場合はタップすると)別ウィンドウで展開します。

本体が収まってるトレーも段ボール製です。
このトレーの右側の中に唯一の附属品である専用USBケーブルが収納されています。トレーの下には取扱説明書が格納されています。


W04_007.jpg
↑カーソルを合わせてクリックすると(iPhone/iPadの場合はタップすると)別ウィンドウで展開します。

取扱説明書も既にpdf版を使う事が普通になっているけど、未だに紙版を附属するしきたりはなくならないですよね。保証書すら直販であればメール配信やネット上のマイページでの確認と言った手法に切り換えられると思うのですけど、無理なのかなぁ。特にこんなWi-Fiルーターを使う様な人はある程度、理解して購入してると思うのですけどねぇ(^_^;;)

W04_008.jpg
↑カーソルを合わせてクリックすると(iPhone/iPadの場合はタップすると)別ウィンドウで展開します。

本体を取り出したその下には二通の細かい但し書きが入ってました。一通は正誤表なのでこれもpdf版をアップデートして告知すれば要らなくなりますよね(笑)
専用USBケーブルはジッパー式のビニール袋に入ってました。ケーブルをかしめるワイヤー入りビニールタイは使わずP.Pフィルム製で纏めてあるのも中々良い手法です(^_^)b


W04_009.jpg
↑カーソルを合わせてクリックすると(iPhone/iPadの場合はタップすると)別ウィンドウで展開します。

では、いよいよ本体とご対面です。
今回は白にしました。
持った第一印象は『重っ。』です(爆)
今まで使っていたモデルより細長なのですがやけに密度感たっぷりです。


W04_011.jpg
W04_010.jpg
↑カーソルを合わせてクリックすると(iPhone/iPadの場合はタップすると)別ウィンドウで展開します。

背面はシャンパンゴールドです。
もう一色ある本体色がグリーンのモノはこの背面が手の脂が付きやすい黒で表側の塗装とのアンバランスさもあって統一感のある塗装が施された白にしたのでした(^_^)b


W04_012.jpg
↑カーソルを合わせてクリックすると(iPhone/iPadの場合はタップすると)別ウィンドウで展開します。

全体的に細長くなり操作体系が縦に握って行うスタイルになったせいで基本的なボタンなどの数は変わらないものの配置が微妙に変更されており、電源の入り切りはまごつきます。何処がどう移動したかと言うと今、リセット用の穴が設けられてる位置よりより角方向の位置に前モデルの【Speed Wi-Fi NEXT W01】では電源ボタンがあり、その脇に「Micro IC Card」スロットルとなっています。では、リセット用の穴は何処だったかと言うと前モデルでは充電/通信用のUSB端子の脇に位置していました。ちなみに充電/通信用のUSB端子の配置面自体に変更はないもののタイプ変更に伴い長手方向の中央に位置しています。前モデルでは正面から向かって右寄りにずれていて、ポーチに入れたまま充電するのにちょうど良かったのでちょっと残念な部分です。 今までの横持ちの使い方から縦持ちに変更されたのでこの配置自体は理に適ったものだけど、機種変した人間からするとちょっと慣れるまでまごつきそうです(^_^;;)

W04_013.jpg
↑カーソルを合わせてクリックすると(iPhone/iPadの場合はタップすると)別ウィンドウで展開します。

ちなみに前機種より幅が狭くて全長が長くなっただけでは収まらなかったのか厚みが数ミリ厚くなっております。持った感じではこの厚みは気にならないのですが、やはりさっき感じた『重っ。』って印象が加わると厚ぼったく感じてしまうのは勿体ないですね(爆)
 
今日はこの辺りまでにして次回は起動から設定までをお送りしようと思います。


※関連リンク

速度は速くなったよ、それ以上に快適さが三倍向上した感じがいい!その1【シンセイコーポレーション・URoad-Aero 開梱編】

速度は速くなったよ、それ以上に快適さが三倍向上した感じがいい!その2【シンセイコーポレーション・URoad-Aero 外観編】

速度は速くなったよ、それ以上に快適さが三倍向上した感じがいい!その3【シンセイコーポレーション・URoad-Aero専用クレードル URoad-Aero Station 編】

速度は速くなったよ、それ以上に快適さが三倍向上した感じがいい!その4【シンセイコーポレーション・URoad-Aero 快適アプリ“URoad-Magic”編】

紅から蒼へ【UQ WiMAX・Speed Wi-Fi NEXT W01 開梱/外観編】

結局、アクセサリー代は必要なんだよね(笑)【UQ WiMAX・W01クレードル HWD31PUU】

仮にもタッチパネル搭載機だからねぇ。【ASDEC・Speed Wi-Fi NEXT W01専用/ノングレア液晶保護フィルム】

滅多に落っことさないんだけどね(^_^;;)【UQ WiMAX・Speed Wi-Fi NEXT W01】


nice!(9)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 9

コメント 0

Facebook コメント

トラックバック 0