So-net無料ブログ作成

多分、最初から二部作を意図し過ぎてるのかなぁ。【いぬやしき at MOVIX亀有】 [映像]

下り坂だった空模様も昨日までで今日からは穏やかで春らしくなりそうですね。
この間の週末みたいになるとまだ稼動させたないエアコンを稼動せざるを得なくなりそうですから、勘弁して欲しい処です。出来ればもう一ヶ月以上は辛抱しても問題ない様に推移してと天に向かって願う次第です(^_^;;)

さて、今日は明日の夜にまた一本、新作が控えてるので溜まる前にサクッと映画レビューです。



本来なら立川での極爆仕様で観る筈でしたが、「a-studio」での上映がなかったので普通のスクリーンで観る事にしたのは「GANTZ」で知られる奥先生の漫画を原作とする【いぬやしき】です。
このタイトルを最初、本屋さんで見かけた時は何を描いてるんだろうと気になったものですが、先だって放送されていたアニメ版の一話を観て理解しました。これは「ウルトラマン」の第一話の冒頭をモチーフとして何処か「デビルマン」的なテイストも匂わせてるんだろうと、ね。
外来知的生命体の宇宙船事故に巻き込まれた余命いくばくもなかった初老の犬屋敷壱郎とただの高校生・獅子神皓が外来知的生命体のハイパーテクノロジーで見かけは人間、中身は超絶テクノロジーの塊と化した機械となってしまう処が「ウルトラマン」であり、その天使にも悪魔にもなれる力を持つ事を知った時にどう行動するかと言う部分が「デビルマン」だなぁと言う事ですわ。


INUYASHIKI_001.jpg
↑カーソルを合わせてクリックすると(iPhone/iPadの場合はタップすると)別ウィンドウで展開します。

ただねぇ、最近、こうした漫画原作のSFアクション映画が日本でも普通にある一定以上の水準のVFXを駆使して実写化される事が多くなったのは喜ばしい事ですがどうしても終わり方や魅せ方にモヤッとしたものを感じるのですよ。多分にその問題は脚本にあるのではと思う事が多いです。私の場合、原作情報を限りなく知らずに観に行く事を旨として面白かったかどうかで判断してるのですが、本作は何かモヤモヤしたものを感じました。はっきり言って佐藤健君が主演したこうした漫画原作の実写SF映画としては「亜人」の方が良かったです。
憲さん演じる犬屋敷壱郎は特殊メイクで凄く弱っちい感じに仕上がってて人間の時の駄目っぷりと人の手に余る力を手に入れてからの慈愛と笑いを振りまきつつ悪魔と化した健君演じる獅子神皓に最後の最後で魅せる火事場の馬鹿力的格好良さが際立つだけに、折角、好演していた健君の獅子神皓のポジションが中途半端に思えるのでした。
 
結果論ですが、極爆祭で観なくて正解だったかもしれません(笑)



nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 5

コメント 0

Facebook コメント