So-net無料ブログ作成

女は度胸、男は愛嬌、そして大事な絆(約束)のお話!【引っ越し大名! at MOVIX亀有】 [映像]

昨日に引き続き雨を予感させる曇天予報ですね。
九月は一年の内、年末進行を除けば一番忙しい月なので、ナイトラン&ウォークは半ば諦めてるのですが、それでも今年はどうにも身体を動かせてないせいかフラストレーションの貯まり方が早いです(^_^;;)

さて、そんな今日は先だっての週末に観てきた映画のお話です。



観てきたのは予告を初めて観た時から待ち焦がれていた【引っ越し大名!】です。原作が時代劇に新風を吹き込んだあの【超高速!参勤交代】シリーズの土橋先生と言うのもありますが、星野源さんが主演でお相手役が高畑充希さん、そして幼馴染み役に高橋一生さんと言う顔ぶれでどんな化学反応が起こるのだろうと始まる前からワクワクして臨んだのは言うまでもありません。
ちなみにどんなお話かと言うと時は将軍綱吉が治める世、国替えが当たり前だった時代に“引っ越し大名”の異名を持つ姫路藩主の松平直矩(演ずるは及川光博さん)の臣下である片桐春之介(演ずるは星野源さん)が国替えの総責任者たる引っ越し奉行(誰もがやりたくなくて押し付けたい災難役)を拝命する事で巻き起こる人間模様と春之介の成長を描いたものです。国替えとは現代で言うと会社が傾いて本社ビルの引っ越しとリストラを一度にやる様な事でしかも予算がない状況の中、総責任者に任命された人物の奔走記と言えばお分かり頂けるでしょうか。

Hikkoshi_Daimyo_001.jpg
↑カーソルを合わせてクリックすると(iPhone/iPadの場合はタップすると)別ウィンドウで展開します。

【超高速!参勤交代】シリーズも面白かったのですが、不満がなかった訳ではありません。でも、今作は端々に現在を生きる我々に置き換えて感情移入出来るお話作りがなされており、誰一人嵌まっていない人がいない素晴らしいキャスティングと演技の相乗効果で素直にこう言う時代劇が観たかったんだよね、と言う感想が導き出されました。細かい事はまだ封切り週なので割愛しますが、とにかく笑えると言う触れ込みだけは凄いのに誰一人クスリともしない映画が数多ある中、最初から終始、クスクス笑いや爆笑が巻き起こるし、ただそれだけのコメディでもなくちゃんと観た人、一人一人に刺さるテーマもあり、とにかく120分間愉しめます。
 
劇中に出て来る国替えを成功させる為に編み出された「引っ越し唄」なるものが幾度となく踊り唄われますが、振付と監修、それに作詞まで関わっているのが野村萬斎氏と言うおまけつきです。【のぼうの城】繋がりで犬童監督がお願いしたそうです。そう思って二回目を観るとまた味わいが変わるかもと思い、新作が多い九月ですが隙あらばもう一度、劇場に行きたい作品です。
間違いなくBlu-rayは買います(`・ω・´)キリッ



nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 4

コメント 0

Facebook コメント