So-net無料ブログ作成

今年も活車海老が大挙襲来(笑) [食べ物]

今年も残す処、後二日になりました。
昨日の四国は午後から結構な雨が降りまして、好天続きであろう事が報じられてる年末年始の中にあっての良い中休みとなりましたわ。

そんな中、美味しいと言う讃岐うどんを食べに連れて行って貰ったり、件の海老と格闘してたのですっかり更新がこんな時間になってしまいました(^_^;;)

20161230_001.jpg
↑カーソルを合わせてクリックすると(iPhone/iPadの場合はタップすると)別ウィンドウで展開します。

昨年末も大量に母の知り合いから活き車海老が何かのお礼として冷蔵便で送られてきたのです。
されど、たまたま私が居たから良かったものの年老いた両親だけではどうする事も出来ない代物なので今年はもう送って来ないでねと丁重にお断りしてたのでした。
なのに、またも届いたので、いざ、おがくずのベットの中で仮死状態の車海老さん達との格闘、再びです(`・ω・´)キリッ

活き車海老って、届いても冷蔵庫の中だと温度が低すぎるらしく10〜15℃の場所に静かに置いておき、早めに調理か即座に冷凍が鉄則らしいのですが、届いたのが遅すぎる時間だったので冷暗所に保管し翌早朝、準備を整えて海老さん達を起こしてみました(笑)

20161230_002.jpg
↑カーソルを合わせてクリックすると(iPhone/iPadの場合はタップすると)別ウィンドウで展開します。

すると、40尾ほどの海老さんの中で活きの良いコたちから元気に跳ね始めたので、活きの良い順に何尾かはお刺身用に冷凍へ、それ以外はおがくずを冷水で払って、どんどん、頭を分離していく訳ですが新鮮だからかまぁ頭が取れた後も良く動きます。

20161230_003.jpg
↑カーソルを合わせてクリックすると(iPhone/iPadの場合はタップすると)別ウィンドウで展開します。

跳ねて皿から逃げ出すものも入れば、鋭い先を持つ尾を拡げたり窄めたりしてる訳ですが,孔雀の羽がごとく綺麗ですね。
この状態の尾は新鮮な時にしか拝めない訳で貴重だと思います。


20161230_004.jpg
↑カーソルを合わせてクリックすると(iPhone/iPadの場合はタップすると)別ウィンドウで展開します。

で、勿体ないので頭も高温の油で揚げてみました。
塩を振るだけで海老煎餅の出来上がりです。


20161230_005.jpg
↑カーソルを合わせてクリックすると(iPhone/iPadの場合はタップすると)別ウィンドウで展開します。

今回は去年の様な塩焼きにする時間も暇もなかったのと、焼いた後に殻を剥くのが至極面倒なので却下しました(爆)

20161230_006.jpg
↑カーソルを合わせてクリックすると(iPhone/iPadの場合はタップすると)別ウィンドウで展開します。

で、市販のタレを買って来てエビチリにしてみました。
辛いのが苦手な弟にも好評で何とか全尾食す事が出来て良かったです。
まさか二年連続で年末に海老と格闘する羽目になるとは思いもしませんでしたけど、二度はある事は三度あるって事にはならない事を祈るばかりです○。



タグ:車海老
nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 5

コメント 0

Facebook コメント

トラックバック 0