So-net無料ブログ作成

まさかD端子が復活してるとは思いもしないよね(笑)【SONY・BRAVIA / KDL-46W900A 防塵カバー編】 [購入日記]

ようやく少し暑さが平常に戻った感がありますが、同時に梅雨の足音も聞こえて来る訳で湿度の多いほどほどの暑さに因る不快感も結構、凄いです。おかげでちょっと気を抜くと一日のナイトラン&ウォークで軽く数キロ体重を持っていかれるのでバテないように食事にも気を遣ってしまいます(^_^;;)

さて、そんな梅雨が本格化する前に先日、大人の事情で我が家にやって来たBRAVIA【KDL-46W900A】ですが、このモデルから何故か本体にD端子が一系統復活してたのですよ。既にレガシーを薙ぎ払った我が家ではD端子カバーも枯渇してた為に“ヨドバシカメラ”の店頭取り置きサービスを駆使して先日の映画の帰りにピックアップしてたのでした。

TK_CAP2_001.jpg
↑カーソルを合わせてクリックすると(iPhone/iPadの場合はタップすると)別ウィンドウで展開します
 
既に“SONY”は端子カバーなんてアクセサリーとしての扱いをほぼ止めてるのに近い状態なので例によって“SANWA SUPPLY ”【TK-CAP2】に頼る他ないのが何とも悲しいのですがこれも時流って奴でしょう。

TK_CAP2_002.jpg
↑カーソルを合わせてクリックすると(iPhone/iPadの場合はタップすると)別ウィンドウで展開します
 
使い方は至って簡単でパッケージ背面にあるこのイラストの様に被せるだけです。しかし、三年前に既にD端子を持つ機材など今後、お目に掛かる事などないと思って手持ちの機材に装着するだけ装着したら丁度、余る事なく使い切れたのに、こんな事になろうとは人生とは分からないものですね。


ちなみにこのテレビから新たにMHL端子が追加されてるのでカバーはどうしようかと届くまで気に病んでましたが何の事はなくテレビ側の受けはHDMI端子そのものらしく使用するケーブルの一端がMHL特有の端子になっていてれば“Android”端末と容易に接続出来る様です。まぁUSBケーブルの両端が各々、A,B端子になってるものと何ら変わらぬ仕様と言えます。きっとMHLの恩恵に預かる事はなさそうそうですが知識として知っておいて損はなかったので良い物々交換だったと言えますね(`・ω・´)キリッ

※関連リンク

MonolithicからSense of Quartzへ【SONY・BRAVIA / KDL-46W900A】

シンプル イズ ベスト!!【SONY・BRAVIA / KDL-46W900A ワンタッチリモコン編】


nice!(9)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 9

コメント 0

Facebook コメント

トラックバック 0