So-net無料ブログ作成

一章増えたからちょうど、折り返しだわ。【コードギアス 亡国のアキト 第3章 「輝くもの天より堕つ」 at TOHOシネマズ 日本橋】 [映像]

最近はメディア販売を主としたOVAもソースがハイビジョン以上の品質を獲得し、かつ映画館の映写システムもデジタル化した事で【機動戦士ガンダムUC】が始めた劇場限定公開&その場で限定的にメディアも販売すると言うスタイルがすっかり板について来ましたね。
 
こうしたスタイルになる以前からOVAと言うものは観る側も作品によってはその内容・品質に過度に期待し、製作側もそれに応えなければならないと言うジレンマが発生し公開スケジュールの遅延などが多々ありましたが劇場での鑑賞に耐えられる事を想定される様になって、却ってしっかりとしたスケジュールの元、公開される様に改善された様に思います。それに劇場での興行収入より元々がパッケージメディアでの収入を前提とした作品のより積極的な販促として編み出された手法なので、万が一、公開スケジュールの遅延などがあっても好意的に受け止められる事の方が多いのではないでしょうか。


 
さて、金曜の夜に観て来た【コードギアス 亡国のアキト 第3章 「輝くもの天より堕つ」】は劇場公開時にはパッケージメディアの販売はなく、約二ヶ月遅れで販売される旧来とも微妙に違う手法に則って製作されている作品ですが、当初の四部作から五部作へ変更となり真の完結は秋まで待たなければならない事を知り、先だってテレビで第一章と第二章が放送された時に感じていた尺の足りなさはこれで解消出来そうなので劇場で観ても良いかなぁと思った次第です。
そもそもテレビシリーズがしっかり二部作で完結してる作品なので、この企画が立ち上がった当初、蟻んこの様に蠢くKMFが昆虫好きの私を以ってしてもちょっと苦手でスルーしてたのです。
それにこの第三章以降の販促策として、放送された第一章と第二章を観て、ようやくテレビシリーズの第一部と第二部の狭間を描いてる作品だと知り、ならばテレビシリーズとして完結してるその先をどうこうではないので作品観も逸脱する事はないので安心したのでした。
まぁ、実際はKMFがCGで描かれてるのでテレビシリーズの時に比べて凄く洗練されてて、違和感がないかと言われるとそれまでな部分はあるんですけどね(笑)


CODE_GEASS_AKITO_THE_EXILED_3_001.jpg
↑カーソルを合わせてクリックすると(iPhone/iPadの場合はタップすると)別ウィンドウで展開します。

本作の主人公はタイトルに出ている様にユーロピア共和国連合(E.U.)の特殊部隊[wZERO]に属すワイヴァン隊のパイロット・日向アキトであり、この第三章ではイレブンと呼称される旧日本人で構成されたワイヴァン隊の面々が寄せ集めからチームへと変貌していく様を閑話休題的かつ、一章追加されて五部作となったのに起承転結で言う処の転となるエピソードが描かれています。
なので、実に暗転が多く大事なのに細かいエピソードが重ねられ過ぎててちゃんと第一章、第二章を熟知してないと置いてきぼりを喰いかねない印象を受けました。またCGで描かれるKMFの格闘戦も遂にテレビシリーズでもお馴染みのランスロットが登場し美麗に立ち回るのですが、あまりの速さに凄みが欠け違和感が出たように思ったのは私だけでしょうか。
ちなみに再来月には第四章、秋には最終章とここまで緩やかだった上映スパンが矢継ぎ早になってます。お陰で観る方としては前の章の記憶が比較的鮮明な内に続きを観られるのはメリット大なのでこのまま後二章も劇場に足を運ぼうと思います。



nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 6

コメント 0

Facebook コメント

トラックバック 0