So-net無料ブログ作成

エアコン、新しくなりました!その2【Panasonic・Eolia CS-J289C リモコン編】 [購入日記]

昨日は一昨日とはまたまた打って変わって一日中、雨でしたね。
最高気温も20度程度と一気に10度も下がったのに今日は逆に5度も上昇と身体がこの大波小波についていけない人が続出しそうで怖いです。

さて、そんな今日は昨日に引き続き、我が家に新しくやって来た“Panasonic”製エアコン【CS-J289C】のお話です。

CS_J289C_006.jpg
↑カーソルを合わせてクリックすると(iPhone/iPadの場合はタップすると)別ウィンドウで展開します。

とは言っても、本体のお話ではなくリモコンのお話です。
左が今回、附属していたリモコンで右が今まで使っていた【CS-G25V】のものです。

リモコンまで 「ちいサイズ」だった訳です(笑)
日に焼けてる分を差し引いてもベージュっぽい色合いが好きでした。ただ、最後の方は新品の電池を入れてもすぐ電池切れサインが出るけど、何故か使えると言う感じに難儀しましたけどね(^_^;;)


CS_J289C_007.jpg
↑カーソルを合わせてクリックすると(iPhone/iPadの場合はタップすると)別ウィンドウで展開します。

今回のリモコンは背が高いので液晶画面も大きいし、各モードの切替も蓋の内側に隠れていないので普段はこの表面のボタンだけで事足ります。家庭用で老若男女が使う事を考えれば良く出来たリモコンだと思います。

CS_J289C_008.jpg
↑カーソルを合わせてクリックすると(iPhone/iPadの場合はタップすると)別ウィンドウで展開します。

下側の蓋を開けると出てくる操作ボタン類は詳細に設定する為のものなので、最初に設定すれば滅多に操作しないでしょうし、スマートフォン連携を実行してしまえば、このリモコン自体の存在意義も薄くなるので普段は仕舞っておくかもしれません(^_^;;)

CS_J289C_009.jpg
↑カーソルを合わせてクリックすると(iPhone/iPadの場合はタップすると)別ウィンドウで展開します。

リモコンの裏側中央には品番がレーザ刻印されていて、そのすぐ下に製造国が外装の成形時に刻印されており、本体同様に中国製でした。だから、無線LAN関係が外付けになっているのでしょう。だって無線LAN関係のオプションは皆、形は小さくても日本製でしたから。

CS_J289C_010.jpg
↑カーソルを合わせてクリックすると(iPhone/iPadの場合はタップすると)別ウィンドウで展開します。

このリモコンは単四形のアルカリ乾電池を二本使用しますがさすがに“Panasonic”なので電池も身元確かな自社製です。最近、リモコンに入れる附属電池は一体、何処の銘柄なの?って思うものばかりでしたから、ホッとしますわ。
と言う事で次回はいよいよ、スマートフォン連携編です。


※関連リンク

新しいエアコンを迎えるにあたって【Panasonic・無線ゲートウェイ(メディアコンバーター) CF-TC7B】

エアコン、新しくなりました!その1【Panasonic・Eolia CS-J289C 設置工事編】


nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 5

コメント 0

Facebook コメント